このページの先頭へ

在学生の声

小船 唯奈さん(2年)
岩手県立一戸高校出身

充実のカリキュラムと選択科目
学長による探求の教えが学びの基礎

充実したカリキュラムと選択科目に魅力を感じ、大学で看護を学ぶことを選びました。中でも学長による「探求の基礎」という授業は、すべての学びにつながっていると感じます。考えるという探求の営みを分析、理解することで、看護に必要な知識や技術の習得に役立っています。他にも、「人間関係」という授業では患者と看護師を学生が演じ、それぞれの立場になって看護について学びます。看護技術と人間力を身につけることができる岩手保健医療大学は、「なりたい自分」を見つけられる大学だと思います。

油川 廉さん(3年)
青森県・東奥義塾高校出身

早期体験実習で身につく学ぶ姿勢と意欲
仲間と共に目指す看護師への道

岩手保健医療大学の特徴として、早期体験実習があります。入学してすぐの実習は不安もあると思いますが、早い段階で医療の現場を体験することでテキストの内容を具体的にイメージすることができ、学ぶ意欲や姿勢、看護師を目指す上で自分に何が足りないかを知ることができます。同じ志を持った仲間の存在はとても大きく、男女問わず仲が良いため、充実したキャンパスライフを送ることができます。大学の歴史を共に刻みながら、1人の人間として成長できる環境がこの大学にはあると思います。

大森 彩郁さん(3年)
岩手県立不来方高校出身

チーム医療の大切さを学び、
「心」を感じ取る看護師を目指して

子供の頃、病気がちだった私は、看護師さんの優しさにとても助けられました。いつか恩返しがしたいという思いはやがて目標となり、大学で看護師の道を目指すことを決心しました。授業や実習を通して学んだのは、看護技術の習得はもちろん、自主性や的確な判断力が必要だということです。そのためには医師、薬剤師、理学療法士などそれぞれの専門家と連携をとり、情報を共有することが大切です。チーム医療における看護師の役割を果たし、心に寄り添う看護師を目指します。

MENU