このページの先頭へ

教員の声

急がず、あわてず、騒がず
バランスのよい看護職に。

教学委員会委員長
担当科目:基礎看護学

教授 豊嶋 三枝子

教員紹介ページへ

 私の専門である基礎看護学は、後に続く専門科目の土台となる重要な役割を担っています。1年生が最初に学ぶ「看護学概論」の授業等を通し、看護の定義、看護の対象や看護の歴史等々について教授し、入学直後の学生がもつ看護についての見方を拡大し、看護への関心がより高まるように働きかけています。モットーは、「いい加減」です。学生達が、ほどよいさじ加減で看護ができる、バランスのよい専門職に成長していけるように、何事も急がず、あわてず、騒がず学生達を支援することをこころがけています。

広範囲な活動が求められる
看護職に必要な資質とは。

研究委員会委員長
担当科目:精神看護学

教授 山本 勝則

教員紹介ページへ

 看護は人々に健康を届ける職種の中でも特に広範囲に活動できる仕事です。病院で働いている人が多いのですが、訪問看護ステーションなどの地域で活躍している方も多くいます。また、企業で職員の健康の維持を担当している人もいます。
 そうした仕事をするための資質として看護職に求められることは、人を好きなこと、配慮性があること、体力と持続力、気が利くこと、勉強し続けることなどです。今はそれらがなくてもかまいません。これから身につける覚悟がある人に看護を目指してほしいと思います。

学生の皆さんの大学生活を
全力でサポートします。

学生委員会委員長
担当科目:小児看護学

教授 遠藤 芳子

教員紹介ページへ

 学生委員会は、大学における生活一般の支援をいたします。本学では、学生の一人ひとりを大切にしたいと考えて、学生10名程度に一人の教員をアドバイザーとして配し(アドバイザー制)、さらにその上に、担任を配して(担任制)、学生生活上の悩み、心身の健康面、経済面、進路・就職などの様々な心配事に対して、最良の方法を学生の皆様とともに考えていきたいと思っております。
 社会に飛び立つ前の限られた年数を充実したものとするために、委員会のメンバーを中心に、教員一同で学生の皆様の支援をしていきたいと考えております。