このページの先頭へ

看護学部の特徴

人間力とケア・スピリットの涵養

社会人としての自覚をもった人間力と倫理的姿勢に裏付けられた看護を実践する能力を養う。

  • 少人数ゼミナール形式で主体的な学修力を培います。
  • 学生アドバイザー制度により学修や学生生活をサポートします。
  • 4年間の学生支援プログラムをとおして、キャリア形成を支援します。
  • 看護学と臨地実習、看護倫理、臨床倫理を連動させて、ケア・スピリットを育みます。

看護学のコアとなる知識と技術の重点教育

科学的根拠に基づく看護学の知識と技術を修得し、看護を実践する能力を養う。

  • 実習設備を備えた新校舎で、シミュレーターや模擬患者を設定した演習で看護実践力を育てます。
  • PBL(問題解決型学習方法)、反転授業などを展開して問題解決力・思考力を培います。
  • 看護学の専門領域の教授陣のもと看護学のコアに重点を置き、確実に身につくよう指導します。

地域に貢献できる看護実践者の育成

地域社会のために、自らの専門性を活かして活動する心構えを培う。

  • 県内広域の病院・施設と協働して実習指導体制を整備し、丁寧な実習指導をめざします。
  • 国家試験合格率100%をめざし、グループ学習を継続的にサポートします。
  • 卒業生に対して研修会等を開催し、継続的にフォローアップします。

MENU