このページの先頭へ

教員紹介

氏名 清水 哲郎(しみず てつろう)
領域・職位 一般教養・教授(学長)
最終学歴 東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程 単位修得退学
学位 文学博士
連絡先E-mail shimizu★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)
主な担当科目 探求の基礎,人間の生と死,西ヨーロッパの文化,看護倫理,エンドオブライフケア論,臨床倫理
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • 上手に老い、最期まで自分らしく生きるための心積りノート〔改訂版〕, 臨床倫理プロジェクト, 2018
  • 医療・介護のための死生学入門, 東京大学出版会, 2017,(共編著):
  • 保健医療ソーシャルワーク-アドバンスト実践のために-(日本医療社会福祉協会・日本社会福祉士会編), 中央法規出版, 2017. (共著)
  • 在宅栄養管理: 経口から胃瘻・経静脈栄養まで, 南山堂, 2016. (共著)
  • 消化器病診療 第2版,日本消化器病学会,2014.(共著)
  • 教育・事例検討・研究に役立つ看護倫理実践事例46,日総研出版,2014.(共著)
  • 子どもの難問-哲学者の先生、教えてください!,中央公論新社,2013.(共著)
  • 高齢者ケアと人工栄養を考える-本人と家族の意思決定プロセスノート,医学と看護社,2013.(共著)
【論文】
  • 人生の最終段階における医療の選択に関する意思決定支援, エンド・オブ・ライフ ケア,1-6, 2-10, 2018.
  • 高齢を生きるための複数の視点(特集 高齢者の透析導入を再考する), 清水哲郎,臨牀透析 32-1, 7-14, 2016.
  • 物語られるいのちと生物学的生命 再考, 清水哲郎, 哲学雑誌 130(802), 1-24, 2015.
  • 事前指示を人生の最終段階に関する意思決定プロセスに活かすために,清水哲郎,日本老年医学会雑誌,52(3),224-232,2015.
  • 本人・家族の意思決定を支える-治療方針選択から将来に向けての心積りまで,清水哲郎,医療と社会,25(1),35-48,2015.
  • エンドオブライフに向かう小児と共に歩む-意思決定支援の臨床倫理-,清水哲郎,小児看護,6,672-679,2015.
  • 人生の最終段階のケアと死生学,作業療法ジャーナル,清水哲郎,48(4),303-308,2014.
  • 認知症患者のend-of-life care,清水哲郎,老年精神医学雑誌,25(2),127-134,2014.
  • 脳卒中後の医療に関わる意思決定プロセスの臨床倫理,清水哲郎,内科,111(5),917-923,2013.
  • 清水哲郎による臨床倫理のススメ(第1回〜12回),清水哲郎,看護技術,59(1),72-76等,2013.
【その他】
  • 《皆一緒》と《人それぞれ》-人間における倫理の構造-,岩手哲学会第51回大会 公開講演(招待),岩手大学, 2017.
  • 高齢者と家族の意思決定支援-救急に関するACPと《心積り》-, 第43回京都医学会学術集会 シンポジウム「高齢社会における救急医療」(招待シンポジスト), 京都(京都府医師会館), 2017.
  • 包括的な疾患治療とACPの融合―フレイルの進行を視野に入れて―, 第29回日本生命倫理学会大会 公募シンポジウムⅠ「ACPにフレイルの知見を活かす ― よりよい高齢者医療のために」宮崎市(宮崎シーガイア), 2017.
  • パネリスト提題(招待)「在宅高齢者本人と家族の意思決定支援―救急に関するACPをめぐって」, 第44回日本救急医学会パネル「終の棲家と高齢者救急-在宅医と救急施設の円滑な連携を目指して-」, 東京(グランドプリンスホテル新高輪), 2016.
  • 特別講演「エンドオブライフ・ケアの倫理―良い人生と尊厳をめぐって―」, 第40回死の臨床研究会年次大会, 札幌(コンベンションセンター), 2016.
  • シンポジスト提題「看護実践を支える臨床倫理」,第61回日本透析医学会学術集会シンポジウム「透析医療と看護倫理」,大阪(国際会議場), 2016.
  • シンポジスト提題「ACPの方向性と《心積りノート》の開発」, 第27回日本生命倫理学会年次大会 公開シンポジウムⅪ「ACPの理念と実践」, 千葉(千葉大学), 2015.
  • 基調講演「“自分らしい人生”を支援する―診断時からエンドオブライフ・ケアまで」, 第53回癌治療学会学術集会シンポジウム「“がんと生きる”をサポート-終末期を生きる」, 京都(国立京都国際会館),2015.
  • パネリスト提題(招待)「本人・家族をめぐる臨床倫理」,日本小児科学倫理委員会「第9回倫理委員会公開フォーラム」第Ⅱ部 小児の看取り医療(東京医科歯科大学),2015.
  • 国際研究集会招待講演「日本における死の理解とend-of-life care」,翰林大学生死学研究所第4回国際学術大会 (韓国春川市),2015.
主な所属学会 日本哲学会、日本医学哲学・倫理学会、日本生命倫理学会、日本緩和医療学会、日本老年医学会、日本透析学会、日本スピリチュアル・ケア学会
出前講義テーマ 〔高校生向け〕
  • 生と死を考える
  • 《人それぞれ》と《皆一緒》―倫理を考える―
  • 小論文―著者の立場から―
〔一般向け〕
  • 死生学入門  ・最期まで自分らしく生きるために
  • 賢い患者・家族になるために
  • 《老活のすすめ》
〔医療・ケア従事者向け〕
  • 臨床倫理 ・本人・家族の意思決定支援
  • 《アドバンス・ケア・プランニング》と《医療ケア・プランニング》
  • エンドオブライフ・ケアの臨床倫理  他
メッセージ 看護師・保健師になって社会に貢献したいと思っている高校生の皆さん、ぜひ本学においでください。看護学をしっかり修得する環境が整っています。人間と社会について学び、ケアの相手について共感をもって理解する力を養う一般教養科目も充実しています。私は、哲学・倫理・死生学関係の科目を担当しています。

教員紹介TOPに戻る