このページの先頭へ

教員紹介

氏名 菊池 和子(きくち かずこ)
領域・職位 基礎看護学・教授
最終学歴 岩手大学大学院人文社会科学研究科社会科学専攻 修了
学位 修士(学術)
連絡先E-mail kazuko★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)
主な担当科目 看護学概論,基礎看護援助論,看護理論,基礎ゼミナール,ヘルスアセスメント,生活援助技術論,療養援助技術論,看護過程論,早期体験実習,生活援助実習,療養援助実習Ⅰ,急性期看護技術論,看護教育論,総合実習,卒業研究ゼミナール
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • 基礎看護技術 改訂第3版,香春知永,齋藤やよい編,南江堂,2018.(共著)
  • 関連図で理解する在宅看護過程,正野逸子、本田彰子編,メヂカルフレンド社,2015.(共著)
  • 看護実践のための根拠がわかる在宅看護技術,正野逸子、本田彰子編,メヂカルフレンド社,2015.(共著)
  • 看護倫理,石井トク、江守陽子、川口孝泰編,学研メディカル秀潤社,2014.(共著)
【論文】
  • 実習指導者講習会参加看護師の人生の意味・目的意識,菊池和子,岩手看護学会誌,11(1),3-12,2017.
  • 介護支援専門研修における4側面のアセスメントシートと関連図活用による気づきの分析,荒木晴美、正野逸子、本田彰子、菊池和子、他6名,日本看護福祉学会誌,22(2),203‐217,2017.
  • 高血圧者へのヘルスプロモーション行動促進のための看護介入プログラムのHPLPⅡ・高血圧の知識・面接からの評価,菊池和子、千葉澄子、野口恭子,岩手公衆衛生学会誌,27(2),17-24,2016.
  • 緩和ケア病棟入院前の終末期がん患者の療養中の思い,白澤美代子、菊池和子,岩手看護学会誌,10(2),13-24,2016.
  • 岩手県の訪問看護師の行うがん患者の在宅ターミルナケア,菊池和子,岩手県立大学看護学部紀要,17,25-36,2015.
  • BMIからアセスメントする筋肉内注射時の適切な注射針刺入深度の検討,高橋有里、菊池和子、三浦奈都子、石田陽子,日本看護科学会誌,34,36-45,2014.
  • 多発性硬化症患者におけるインターフェロン大腿部筋肉内自己注射部位の皮下組織厚算定方法,菊池和子、高橋有里、深浦彦彰、三浦奈都子他2名,日本看護技術学会誌,11(3),13-18,2013.
【学会発表】
  • 病棟看護師の終末期がん患者の在宅に向けた退院支援と緩和ケアにおける知識・実践・困難感及び今後を予測した看護実践との関連,山下慈、菊池和子,第32回日本がん看護学会学術集会,2018.
  • 交流集会『地域連携自己学習プログラムの開発 ケアチームの「つながる力」「つなげる力」を強める人材育成』,本田彰子、菊池和子、炭谷靖子、正野逸子、他9名,第37回日本看護科学学会学術集会,2017.
  • 介護老人保健施設における看護師・介護福祉士の看取り体験,日當沙代子、菊池和子,第9回岩手看護学会学術集会,2016.
  • 4年次看護技術統合演習における客観的臨床能力試験の評価-模擬患者のアンケートから―,井上都之、鈴木美代子、三浦奈都子、高橋有里、平野昭彦、菊池和子,第9回岩手看護学会学術集会,2016.
  • 外来化学療法を受けている非切除膵臓がん患者の療養体験,高屋敷麻理子、菊池和子,第30回日本がん看護学会学術集会,2016.
  • 交流集会「在宅看護を担う人材の育成 訪問看護ステーションと看護学生への相乗効果」,本田彰子、菊池和子、正野逸子、炭谷靖子,他7名,第20回日本在宅ケア学会学術集会,2015.
  • 管理者が捉えた在宅看護学実習受け入れによる訪問看護師への教育的影響,本田彰子、菊池和子、正野逸子、炭谷靖子,他7名,第28回日本看護福祉学会学術大会,2015.
  • 看護師の病気苦悩観・死生観と人生の意味目的意識の関連‐PILテストの分析より‐,菊池和子,第33回日本看護科学学会学術集会,2013.
  • 中年期入院患者に対する就寝前の足浴による睡眠への効果,堀井麻子、菊池和子,日本看護技術学会第12回学術集会,2013.
  • 基礎看護学領域における看護過程学習の難易度に関する研究―学生の自己評価より―,高橋有里、及川正広、鈴木美代子、三浦奈都子、平野昭彦、菊池和子,日本看護学教育学会第23回学術集会,2013.
  • 看護過程関連図作成における在宅看護領域アセスメントの特徴―在宅療養者・生活者を捉える視点―,本田彰子、正野逸子、平山香代子、炭谷靖子、菊池和子、他4名,日本看護学教育学会第23回学術集会,2013.
主な所属学会 日本看護科学学会,日本看護技術学会,日本がん看護学会,日本在宅ケア学会,日本死の臨床研究会,岩手看護学会
出前講義テーマ
  • 看護学入門
  • 体を動かす看護技術
  • 健康の秘訣‐高血圧とのつきあい方
  • ケアから考える生と死
  • 看護職のやりがい
メッセージ 入学後、看護を初めて学ぶ科目を担当しています。健康と看護,看護の対象,活動内容・方法,看護職者の役割等の基礎的なことを学び、看護についての関心を高め、視野を広げることを目的とした学生参加型の授業を行っています。看護の魅力をわかちあいましょう。

教員紹介TOPに戻る