このページの先頭へ

教員紹介

氏名 土田 幸子(つちた さちこ)
領域・職位 成人看護学・准教授
最終学歴 東京医療保健大学大学院看護マネジメント学専攻修士課程 修了
学位 修士(看護マネジメント学)
連絡先E-mail tsuchida★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)
主な担当科目 基礎ゼミナール、成人看護学概論、成人看護援助論、生活習慣看護論、慢性期看護技術論、早期体験実習、療養援助実習Ⅰ、療養援助実習Ⅱ成人看護実習Ⅰ
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • すべてがわかる循環器;照林社、平成26年2月
  • 心電図デビュー;学研メディカル秀潤社、平成25年5月
  • 早分かり看護の着眼点:メディカ出版、平成21年3月
【論文】
  • 職場内の人間関係において看護管理者に求められる「承認」の重要性について;東京純心大学紀要、No.2,P.11-20,2018.3月
  • 高齢者ケアに求められる援助的コミュニケーションの教育技法―Simulated Patient参加型演習に焦点をあてて―;東京純心大学紀要,No.2,P.67-78,2018.3月
  • 東京都八王子市内に勤務する訪問看護師の終末期看護に関する困りごとや教育・研修の実態;東京純心大学紀要,№.1,P.13-24, 2016
  • 早期体験実習に関する研究の動向と課題;札幌保健医療大学紀要Vol.1,P.29-42,2014
【学会発表】
  • 急性期看護の教授におけるナラティブ教材の可能性―テキストマイニングによる学生の情報的サポートの捉え―;日本看護学教育学会第26回学術集会,2016
  • 早期体験実習に関する研究の動向と課題;日本看護学教育学会第24回学術集会,2014
  • 中堅看護師が体験する職場内の人間関係の困難とその対処方法の関係について;第15回日本看護管理学会年次大会,2013
主な所属学会 日本看護教育学会、日本看護管理学会、日本医療マネジメント学会、日本看護診断学会、日本看護技術学会、日本保健医療行動科学会  日本超音波医学会
出前講義テーマ
  • からだの不思議(体の変調のサインをしる手がかりについて)
  • 生活習慣と病気の関係
メッセージ 体調を崩した時などに、休息をとったりお薬を飲んだりして、体調が回復するのは、なぜでしょう? 身体の持つ機能や、心の動き等様々な視点から生活者としての人間について学び、健康な人や病気になった人に対してどのような看護が必要なのかを一緒に考えてみませんか。

教員紹介TOPに戻る