このページの先頭へ
基礎看護学・准教授

竹本 由香里(たけもと ゆかり)

主な担当科目

 ヘルスアセスメント、基礎看護援助論、生活援助技術論、早期体験実習、生活援助実習、療養援助技術論、看護過程論、療養援助実習Ⅰ、療養援助実習Ⅱ、看護管理論、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 看護にマニュアルはなく、自分で「考える」ことがとても大切です。そして、考えたことを実践するための技術がなければ、看護は成り立ちません。この岩手保健医療大学で共に学び、成長していきながら、看護専門職として必要な実践力を身につけていきましょう。

連絡先E-mail

 takemoto★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 東北大学大学院教育学研究科博士課程(前期) 修了
岩手県立大学大学院看護学研究科博士後期課程 単位取得後退学
学位 修士(教育学)
主な研究業績
(最近5年間)
【論文】
  • 東北地方にあるA大学看護学生の職業的アイデンティティと地元志向.竹本由香里,大谷良子,作間弘美,遠藤芳子,江守陽子,北日本看護学会誌,22(1),21-29,2019.
  • 地域に暮らす障害者とその家族の災害発生時における支援ニーズ-近隣の看護系大学への希望に関する基礎調査-.遠藤芳子、竹本由香里、日本災害看護学会誌,20(2),2018.
【学会発表】
  • 岩手県に就業している看護職者の職業的アイデンティティと地元志向に関する実態調査.大谷良子,作間弘美,竹本由香里,江守陽子,遠藤芳子,青柳美樹,佐藤つかさ,日本看護研究学会第45回学術集会,2019.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地元志向に関する調査-ロールモデルと臨地実習達成感との関連-.作間弘美,大谷良子,竹本由香里,江守陽子,遠藤芳子,青柳美樹,佐藤つかさ,第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地元志向に関する調査-1,2年次の縦断的変化と関連要因について-.佐藤つかさ,青柳美樹,竹本由香里,大谷良子,作間弘美,江守陽子,遠藤芳子,第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • A県内で就職している看護職者の地元に就職した理由の調査-看護学生を地元就業に繋げるために-.遠藤芳子,竹本由香里,佐藤つかさ,青柳美樹,大谷良子,作間弘美,江守陽子,第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地域志向に関する実態調査.竹本由香里,大谷良子,作間弘美,遠藤芳子,江守陽子,日本看護学教育学会第28回学術集会,2018.
  • 看護中間管理職への部下からのハラスメントの実態(第1報)-職務満足とソーシャルサポートとの関連-.成田真理子,佐藤恵,作間弘美,竹本由香里,豊嶋三枝子,日本看護研究学会第44回学術集会,2018.
  • 看護中間管理職への部下からのハラスメントの実態 (第2報)-自由記述からの分析-.佐藤恵,成田真理子,作間弘美,竹本由香里,豊嶋三枝子,日本看護研究学会第44回学術集会,2018.
  • 地域に暮らす障害のある子どもとその家族の災害発生時における連携ニーズ調査.遠藤芳子、竹本由香里、甲斐恭子,第20回北日本看護学会学術集会,2017.
  • 訪問看護を利用している在宅療養者の主介護者の災害に対する備えと関連要因.高橋和子、竹本由香里、佐々木久美子,日本災害看護学会第17回年次大会,2015.
主な所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護管理学会、日本災害看護学会、北日本看護学会、日本キャリア教育学会
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 災害に対する備え(自助・共助としての応急手当)
【中学・高校生向け】
  • 看護の仕事とは
  • 看護師が行う生活援助
  • 災害に対する備え(自助・共助としての応急手当)
【医療従事者向け】
  • 看護理論を活用した看護過程

教員紹介TOPに戻る

MENU