このページの先頭へ
母性看護学・教授

江守 陽子(えもり ようこ)

主な担当科目

 基礎ゼミナール、人間の生涯発達、生活援助実習、母性看護学概論、母性看護援助論、母性看護技術論、母性看護学実習、セクシャルヘルスアセスメント、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 私は本当に長くこの領域で教員をしていますが、まだまだ至らないと反省することばかりです。しかし、いくつになってもどんな環境でも勉強しよう、チャレンジしようと思える間は前向きに取り組もうと思います。医学や看護学は日々発展・進化する領域なので、自分も変わり続ける姿勢を保ちたいです。

連絡先E-mail

 emori★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 日本大学大学院理工学研究科
学位 日本大学(修士(工学))
筑波大学(博士(医学))
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • Basic & Practice 看護学テキスト 統合と実践-看護倫理,学研メディカル秀潤社,2-27,2014.石井トク、江守陽子、川口孝泰編集(共著)
【論文】
  • 出産後の女性の精神・身体症状の経時的変化と適切な支援時期の探索、所恭子、岡山久代、江守陽子、茨城県母性衛生学会誌 37:8-13、2019
  • 性周期における嗅覚感受性とにおいに対する嗜好の変化、 吉成舞、江守陽子、川口孝泰、日本看護研究学会雑誌 42 (2):185-193、2019 doi:10.15065/jjsnr.20181130044
  • 新生児集中治療室(NICU)看護者が抱く子どものEnd-of-Life ケアに対する困難感とその関連要因-「家族とのコミュニケーション」の困難感を軽減する要因の分析―、齋藤佑見子、古谷佳由理、涌水理恵、江守陽子、小児保健研究77(1):27-34、2018
  • Relationship between Fatigue and Heart Rate Variability in Mothers up to Three Months Postpartum.Tokoro Kyoko, Ito Yoshiaki, Emori Yoko, Kawaguchi Takayasu. MOJ Women’s Health 2017, 6(3): 00156.doi: 10.15406/mojwh.2017.06.00156
  • 関東地方 2 校の女子学生の生活習慣と隠れ肥満についての探索的研究、武田三花、小泉仁子、江守陽子、日本プライマリ・ケア連合学会誌40(1):2〜8、2017
  • 先天代謝異常児と家族の生活の医療社会面および健康関連QOL の実態、山口慶子、湧水理恵、江守陽子、窪田満、厚生の指標64(7):33〜44、2017
  • 新生児集中治療室(NICU)看護者が抱く子どものEnd-of-Lifeケアに対する困難感、 斎藤佑見子、古谷佳由理、湧水理恵、江守陽子、小児保健研究、75(2):226-235、2016
  • 産科医療機関における母乳育児のための実践と退院時母乳育児率との関連,小野加奈子、江守陽子、村井文江,母性衛生学会誌56(2):367-375、2015.
  • The relationship between maternal postpartum psychological state and breast milk secretory immunoglobulin A level.,Kawano Atsuko, Emori Yoko,Am Psychiatr Nurses Assoc.,21(1):23-30,2015.(doi: 10.1177/1078390314566882.)
【学会発表】
  • Relation between sleep disturbances and perinatal outcomes in pregnant women. Sachiyo Miyagawa, Atsuko Kawano, Yoko Emori, The 31st ICM Triennial Congress in Toronto, Canada. June 18-22,2017.
  • The impact of parity on dietary intakes in women with gestational diabetes mellitus. Shinobu Nomachi, Fumiyo Nagumo, Yoko Emori, Hiromi Hamada, Hitoshi Shimano,The 9th International Conference on Advanced Technologies & Treatments for Diabetes (ATTD 2016),February, 3-6, 2016. Milan, Italy.
  • Oral Environment of Pregnant Women and Factors Associated with the Presence of Streptococcus Mutans. Nami Takayama, Yoko Emori, Mitsuru Takayama, Hitomi Koizumi. The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015. July 20-22. 2015. Yokohama, Japan.
  • Sleep and Edinburgh Postnatal Depression Scale in Pregnant Women. Yokohama, Japan. Sachiyo Miyagawa, Yoko Emori, Atsuko Kawano. The ICM Asia Pacific Regional Conference 2015. July 20-22. 2015. Yokohama, Japan.
  • Changes mothers experienced by participating an anger management program – Comparison of results at post-program & two months follow-up. Hiromi TOBE, & Yoko EMORI, National Anger Management Association 2015 International Conference. March, 2015. Chicago, Illinois.
主な所属学会 日本看護研究学会、日本母性衛生学会、日本助産学会、日本生殖看護学会、日本小児保健研究会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本看護学教育学会、日本思春期学会、北日本看護学会
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 子育て中の女性の悩みにお答えします
  • 女性の健康(ウイメンズ・ヘルス)
【中学・高校生向け】
  • 女性の体の仕組みを知る
  • 助産師の仕事
【医療従事者向け】
  • 看護学生の実習指導
  • 臨床で行う看護研究

教員紹介TOPに戻る

MENU