このページの先頭へ
母性看護学 助教

大谷 良子(おおたに よしこ)

主な担当科目

 基礎ゼミナール、早期体験実習、生活援助実習、看護過程論、母性看護援助論、母性看護学技術論、母性看護学実習、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 母性看護学では命をはぐくむ性である女性のライフサイクルを通して、妊娠期・出産期・育児期を中心に女性とその家族に寄り添うケアを学びます。生命誕生の不思議や命をはぐくむことの温かさ・優しさを一緒に体感しましょう。

連絡先E-mail

 ootani★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 岩手県立大学大学院看護学研究科博士後期課程
学位 博士(看護学)
主な研究業績
(最近5年間)
【論文】
  • 東北地方にあるA大学看護学生の職業的アイデンティティと地元志向,竹本由香里、大谷良子、作間弘美、遠藤芳子、江守陽子,北日本看護学会誌,第22巻第1号,2019.
  • 岩手県内の助産師を対象とした「助産実践能力強化研修」の取り組み, 野口恭子、福島裕子、蛎崎奈津子、アンガホッファ司寿子、金谷掌子、後藤仁子、木地谷祐子、大谷良子, 岩手県立大学看護学部紀要 17巻,2015.
【学会発表】
  • 不妊治療後出産した女性の次子不妊治療に関する気持ち,佐藤恵、大谷良子、江守陽子,第34回日本助産学会学術集会,2020.
  • A県内で就業している看護職者の地元に就職した理由の調査 -看護学生を地元就職に繋げるために- ,遠藤芳子、竹本由香里、佐藤つかさ、青柳美樹、大谷良子、作間弘美、江守陽子, 第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地元志向に関する調査 -ロールモデルと臨地実習達成感との関連- ,作間弘美、大谷良子、竹本由香里、江守陽子、遠藤芳子、青柳美樹、佐藤つかさ, 第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地元志向に関する調査 -1,2年次の縦断的変化と関連要因について- ,佐藤つかさ、青柳美樹、竹本由香里、大谷良子、作間弘美、江守陽子、遠藤芳子, 第22回北日本看護学会学術集会,2019.
  • 不妊治療後出産した女性の出産体験,大谷良子、佐藤恵、江守陽子,第17回日本生殖看護学会学術集会,2019.
  • 岩手県に就業している看護職者の職業的アイデンティティと地元志向に関する実態調査,大谷良子、作間弘美、竹本由香里、江守陽子、遠藤芳子、青柳美樹、佐藤つかさ, 日本看護研究学会第45回学術集会,2019.
  • 「出産体験」とされる期間の範囲に関する文献検討,佐藤恵、大谷良子,第33回日本助産学会学術集会,2019.
  • 重症心身障がい児を持つ母親が交流会に参加するための諸問題とその支援,作間弘美、大谷良子,成田真理子、佐藤恵,第49回日本看護学会-慢性期看護-学術集会,2018.
  • 看護学生の職業的アイデンティティと地域志向に関する実態調査,竹本由香里、大谷良子、作間弘美、遠藤芳子、江守陽子,第28回日本看護学教育学会学術集会,2018.
  • 重症心身障がい児を持つ母親へのきょうだいに対する育児支援-きょうだいの会の支部発足を目指して-,作間弘美、大谷良子,第47回日本看護学会-慢性期看護-学術集会,2016.
  • 不妊治療中のカップルにおける治療終結の受容プロセス,大谷良子,第14回日本生殖看護学会学術集会,2016.
  • 岩手県の中堅助産師を対象とした派遣型・実践型「助産実践能力強化研修」の実施と効果, 福島裕子、野口恭子、蛎崎奈津子、アンガホッファ司寿子、金谷掌子、後藤仁子、木地谷祐子、大谷良子, 第29回日本助産学会学術集会,2015.
主な所属学会 日本母性衛生学会、岩手母性衛生学会、日本不妊カウンセリング学会、岩手看護学会、日本生殖看護学会、日本助産学会、日本看護学教育学会、日本看護研究学会、北日本看護学会
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 女性のライフサイクルとヘルスケア
【中学・高校生向け】
  • 生きること、大人になること
    (いのちの教育)
  • 女性のカラダのはなし
    (中高生に必要な性をめぐる知識とスキル)
    (生理のトラブルとセルフケア)
  • 赤ちゃんってすごい!
    (生命誕生について知っておきたいこと)
【医療従事者向け】
  • 不妊に悩むカップルへのケア

教員紹介TOPに戻る

MENU