このページの先頭へ

教員紹介

氏名 大谷 良子(おおたに よしこ)
領域・職位 母性看護学 助教
最終学歴 岩手県立大学大学院看護学研究科博士後期課程
学位 博士(看護学)
連絡先E-mail ootani★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)
主な担当科目 母性看護援助論 母性看護技術論 母性看護学実習
主な研究業績
(最近5年間)
【論文】
  • 岩手県内の助産師を対象とした「助産実践能力強化研修」の取り組み, 野口恭子、福島裕子、蛎崎奈津子、アンガホッファ司寿子、金谷掌子、後藤仁子、木地谷祐子、大谷良子, 岩手県立大学看護学部紀要 17巻,2015.
  • 不妊治療中のカップルにおける“心理的なずれ”の解消に向けた介入研究,大谷良子, 岩手県立大学大学院看護学研究科博士後期課程,2013.
【学会発表】
  • 心身障がい児を持つ母親へのきょうだいに対する育児支援-きょうだいの会の支部発足を目指して-,作間弘美、大谷良子,第47回日本看護学会-慢性期看護-学術集会,2016.
  • 不妊治療中のカップルにおける治療終結の受容プロセス,大谷良子,第14回日本生殖看護学会学術集会,2016.
  • 岩手県の中堅助産師を対象とした派遣型・実践型「助産実践能力強化研修」の実施と効果, 福島裕子、野口恭子、蛎崎奈津子、アンガホッファ司寿子、金谷掌子、後藤仁子、木地谷祐子、大谷良子, 第29回日本助産学会学術集会,2015.
  • 不妊治療中のカップルにおける心理的なずれの解消に向けた看護介入,大谷良子,第12回日本生殖看護学会学術集会,2014.
  • 「不妊治療を受けているカップルの心理的なずれ」の概念分析,大谷良子,第11回日本生殖看護学会学術集会,2014.
主な所属学会 日本母性衛生学会、岩手母性衛生学会、日本不妊カウンセリング学会岩手看護学会、日本生殖看護学会、日本助産学会、日本看護学教育学会、日本看護研究学会
出前講義テーマ
  • 女性のカラダのはなし
  • 赤ちゃんってすごい!
メッセージ 母性看護学では命をはぐくむ性である女性のライフサイクルを通して、妊娠期・出産期・育児期を中心に女性とその家族に寄り添うケアを学びます。生命誕生の不思議や命をはぐくむことの温かさ・優しさを一緒に体感しましょう。

教員紹介TOPに戻る