このページの先頭へ

教員紹介

氏名 濱中 喜代(はまなか きよ)
領域・職位 小児看護学・教授(学部長)
最終学歴 東洋大学大学院社会学研究科福祉社会システム専攻修士課程 修了
学位 修士(社会学)
連絡先E-mail hamanaka★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)
主な担当科目 基礎ゼミナール、人間の生涯発達、看護倫理、家族看護論、小児看護学概論、小児看護援助論、小児看護技術論、小児看護学実習、エンドオブライフケア論、臨床倫理、総合実習、卒業研究ゼミナール
主な研究業績
(最近5年間)
【論文】
  • 看護基礎教育における看護倫理と子どもの権利擁護に関する教育の実態調査,高橋 衣、濱中喜代,ヘルスサイエンス研究,19(1),25-30,2015.
  • 看護師の倫理教育受講経験と子どもの権利擁護実践の現状,高橋衣,濱中喜代,ヘルスサイエンス研究,18(1),21-31,2014.
  • ポートフォーリオを用いた主体的学習態度獲得を支援するための教育評価,久保善子、嶋澤順子、北素子、高島尚美、高橋衣、佐竹澄子、濱中喜代、櫻井美代子,東京慈恵会医科大学雑誌,129(3),119-127,2014.
  • 全国調査にみるがんの子どもの教育支援に関する医師の取り組みの現状-家族・看護師・学校教員との連携を中心に-,大見サキエ、坪見利香、岡田周一、本郷輝明、河合洋子、金城やす子、宮城島恭子、鈴木恵理子、濱中喜代,日本小児血液・がん学会雑誌,50(4),598-606,2013.
  • 外来における子どものヘルスプロモーション促進に向けた看護プログラムに参画した学生の学び,石井まりえ、濱中喜代、及川郁子、他,日本小児看護学会誌,22(2),9-16,2013.
【学会発表】
  • 入院中の軽度発達障害児との関わりに対する看護師の認識とその関連要因,瀧田浩平、濱中喜代,日本看護科学学会第34回学術集会集,2014.
  • 看護学生と医学生が共修する臨床倫理に関する演習の試み,村田洋章、菊池麻由美、堀川英起、藤野彰子、濱中喜代,日本看護教育学会第24回学術集会,2014.
  • 看護基礎教育における「子ども」のとらえ方-小児看護学テキストに焦点をあてて,石井まりえ、濱中喜代、髙橋衣,日本看護教育学会第24回学術集会,2014.
  • 看護基礎教育における 「看護倫理」と「子どもの権利」擁護の教育の現状,髙橋衣、濱中喜代,日本小児看護学会第24回学術集会,2014.
  • 点滴トラブルにより抜針となった小児および点滴管理の状況の実態調査,瀧田浩平、西澤瑞穂、前田梨恵、鶴谷恵奈、高橋萌子、濵中喜代、高橋衣,第10回慈恵看護研究会,2014.
  • 難病の子どもの親の会会員の小児慢性特定疾患治療研究事業等に対する思い,濱中喜代、髙橋衣、石井まりえ,日本小児保健学会60回学術集会,2013.
  • 倫理教育受講経験と「子どもの権利」を擁護する看護の現状-印象に残っている内容・事例についての自由記載から-,髙橋衣、濱中喜代,日本小児看護学会第23回学術集会,2013.
  • 難病の子どもの親の会会員の小児慢性特定疾患治療研究事業に対する要望と期待,濱中喜代、髙橋衣、石井まりえ,日本小児看護学会第23回学術集会,2013.
  • 倫理教育受講経験と「子どもの権利」を擁護する看護の現状-小児看護に携わる看護師に焦点をあてて,髙橋衣、濱中喜代、石井まりえ,日本看護科学学会第32回学術集会集,2013.
  • 入院している子どもの教育支援のための教育と医療の連携―関東地域の教師に対するインタビュー調査の結果―,濱中喜代、荒川まりえ、髙橋衣,日本小児看護学会第22回学術集会,2012.
  • 入院している子どもの教育支援のための教育と医療の連携―関東地域の教師に対するインタビュー調査の結果―,濱中喜代、髙橋衣、荒川まりえ,日本育療学会第16回学術集会,2012.
主な所属学会 日本看護科学学会、日本小児看護学会、日本看護教育学会、日本小児保健学会、日本家族看護学会、日本育療学会
出前講義テーマ
  • 小児の救急看護(事故予防・応急処置)
  • 乳幼児の世話の仕方
  • 看護学教育の現状と課題

教員紹介TOPに戻る