このページの先頭へ
基礎看護学・准教授

長谷川 幹子(はせがわ みきこ)

主な担当科目

 基礎ゼミナール、ヘルスアセスメント、基礎看護援助論、生活援助技術論、早期体験実習、生活援助実習、療養援助技術論、看護過程論、療養援助実習Ⅰ、療養援助実習Ⅱ、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 約100年前に、ナイチンゲールは「看護はサイエンスであり、そしてアートである(Nursing is science and art)」と言いました。以後、受け継がれてきた看護のサイエンスとアートを一緒に学び、体験し、成長していきましょう!

連絡先E-mail

 hasegawa★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 大阪医科大学大学院看護学研究科博士後期課程 修了
学位 博士(看護学)
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • ユーモア看護‐癒しと和み、その治療的活用‐, 平澤久一、古谷昭雄監修,金芳堂, 2020年.(共著)
【論文】
  • 病いにより苦悩する神経難病患者と関わる看護師のありようの探求 -注入食中止の意思を表明した患者と関わった看護師の体験に着目して-,人体科学, 29(1),11-21, 2020.
  • 看護系大学4年生の死生観に影響する要因に関する研究, 長谷川幹子、安福真弓、重年清香、阿部真幸、板東正己、道廣睦子, インターナショナルNursing Care Research, 19(1), 137-145, 2020.
  • 成人看護学実習における効果的な実習指導行動の検討-ECTBを用いた学生評価と看護師自己評価の比較-,石井あゆみ、岩佐美香、長谷川幹子、藤原尚子、武内美恵、池添知夏、岡井純子、阿曽多由子,千里金蘭大学紀要, 16, 153-158, 2020.
  • 看護大学4年生の死生観と職業的アイデンティティとの関連, 道廣睦子、安福真弓、長谷川幹子、重年清香、阿部真幸、板東正巳, インターナショナルNursing Care Research, 18(4), 1-11, 2019.
  • 「患者の苦悩」の概念分析, 長谷川幹子、小林道太郎, 人体科学, 28(1), 10-21, 2019.
  • 成人看護学実習における臨床実習指導者の指導に対する学生の認識, 長谷川幹子、平賀元美、山中政子、岩佐美香、池添知夏、村上理恵、武内美惠、坂田素子, 千里金蘭大学紀要, 15, 85-92, 2019.
  • 基礎看護学実習Ⅱにおいて学生がリフレクションを取り上げた場面の特徴, 道廣睦子、大植由佳、小林廣美、長谷川幹子、阿部真幸、板東正巳, インターナショナルNursing Care Research, 17(2), 69-79, 2018.
  • 基礎看護学実習Ⅱのリフレクションにより生じた学生の自己への気づきと蓄積された経験知, 道廣睦子、重年清香、大植由佳、長谷川幹子、板東正巳、阿部真幸、小林廣美, 大阪青山大学看護学ジャーナル, 2, 22-36, 2018.
  • 成人看護学実習中の実習指導行動に対する学生評価と看護師自己評価, 山中政子、平賀元美、岩佐美香、長谷川幹子、池添知夏、村上理恵、武内美惠、坂田素子, 千里金蘭大学紀要, 14, 117-125, 2018.
  • 地区視診における具体的観察項目の構築に向けて, 森山浩司、長谷川幹子、今村響子, 姫路大学看護学部紀要, 8, 1ー6, 2016.
【学会発表】
  • 成人看護学実習における効果的な実習指導内容の検討-ECTBを用いた学生評価と看護師自己評価の比較-,石井あゆみ、岩佐美香、長谷川幹子、藤原尚子、武内美惠,第39回日本看護科学学会学術集会,2019.
  • 成人看護学実習での看護師の実習指導に対する学生の評価-2017年度と2018年度の比較-,岩佐美香、長谷川幹子、石井あゆみ、藤原尚子、武内美惠,第39回日本看護科学学会学術集会,2019.
  • 看護職者が家族として医療現場で経験したことに関する研究,北尾良太、長谷川幹子,第45回日本看護研究学会学術集会,2019.
  • 「苦悩」「苦痛」の概念間の類似と相違に関する分析,長谷川幹子、小林道太郎、赤澤千春,第45回日本看護研究学会学術集会,2019.
  • 成人看護学実習での看護師の実習指導行動に対する学生評価の経年比較,岩佐美香、長谷川幹子、山中政子、平賀元美,第38回日本看護科学学会学術集会,2018.
  • 成人看護学実習における看護師の実習指導行動に対する自己評価-2016年と2017年の比較-,長谷川幹子、岩佐美香、山中政子、平賀元美,第38回日本看護科学学会学術集会,2018.
  • 自己のかけがえのなさに目覚めた患者の変容-ハイデガーの実存論を手掛かりに-,人体科学学会第28回大会,2018.
  • 成人看護学実習における実習指導に対する学生評価,岩佐美香、長谷川幹子、山中政子、平賀元美、村上理恵,第37回日本看護科学学会学術集会,2017.
  • 成人看護学実習に関わる看護師による実習指導行動の自己評価,平賀元美、山中政子、長谷川幹子、岩佐美香、村上理恵,第37回日本看護科学学会学術集会,2017.
  • 成人看護学実習における実習指導行動の見直しに対する学生評価,村上理恵、池添知夏、武内美惠、坂田泰子、山中政子、長谷川幹子、岩佐美香、平賀元美,第48回日本看護学会看護管理学術集会,2017.
  • 実習指導者のキャリアアップ志向の形成要因に関する研究,長谷川幹子、鹿島英子,第43回日本看護研究学会学術集会,2017.
  • 病い経験の語りからみえてきたもの?ある脳卒中経験者の語りを通して?,北尾良太、長谷川幹子,第30回日本看護研究学会近畿・北陸地方会学術集会,2017.
  • 初回臨地実習において看護学生が捉えた「看護におけるホスピタリティ」,長谷川幹子、楠本昌代,第42回日本看護研究学会学術集会,2016.
  • Changes in Perceptio of the Mentally disordered among Nursing Students via Psychiatric Nursing Practicum. Yasuko Kosaka, Jong-Seong Moon, Atsuko Tokuchin, Mikiko Hasegawa. The 2nd Asian Congress in Nursing Education National Cheng, 2016.
  • A study on students’acquired knowledge through proactive learning on nursing reception -From a viewpoint of "Japaneseness" -. Mikiko Hasegawa, Yasuko Kosaka. The 2nd Asian Congress in Nursing Education National Cheng, 2016.
主な所属学会 日本看護協会、日本慢性看護学会、日本看護科学学会、
日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本看護技術学会、
人体科学学会、日本保健科学学会
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 医療従事者が身内の介護をしてわかったこと
  • 看護や介護に関する「問い」をみんなで語り考える
【中学・高校生向け】
  • 看護師の仕事(患者とのエピソード、看護の魅力など)
  • 看護におけるコミュニケーション
【医療従事者向け】
  • 看護における哲学の活用
  • ケアの捉え直し

教員紹介TOPに戻る

MENU