このページの先頭へ

建学の精神

建学の精神

人々の生活と健康を高め
地域社会に貢献する
ケア・スピリットを備えた保健医療人

看護学部の教育理念と教育目標

看護学部の教育理念

 人々の生活と健康を高めるために、豊かな人間性・社会性を培い、ケア・スピリットをもって、科学的根拠に基づく看護の専門的知識・技術を実践に活かせる基礎的能力を養い、多職種と協働しつつ地域社会の保健医療福祉に貢献できる看護実践者を育成する。

看護学部の教育目標

  • 周囲の人々とコミュニケーションを保ちながら社会人としての自覚をもって生活できる人間力を培う。
  • 看護する相手を全人的・共感的に理解する能力を培う。
  • 看護する相手とのパートナーシップを築き、ケア・スピリットに裏付けられた、看護を実践する能力を養う。
  • 科学的根拠に基づく看護学のコアとなる知識と技術を修得し、これを活かして、判断力をもって状況に即応した看護を実践する能力を養う。
  • 看護職ならびに多職種と連携・協働してチームとなって活動する能力を養う。
  • 地域社会のために、自らの専門性を活かして活動する心構えを培う。
  • 看護専門職者としての向上を常に心がけるとともに、豊かに成長し続ける素地を培う。