このページの先頭へ

建学の精神

建学の精神

人々の生活と健康を高め
地域社会に貢献する
ケア・スピリットを備えた保健医療人

看護学部の教育理念と教育目標

看護学部の教育理念

 人々の生活と健康を高めるために、豊かな人間性・社会性を培い、ケア・スピリットをもって、科学的根拠に基づく看護の専門的知識・技術を実践に活かせる基礎的能力を養い、多職種と協働しつつ地域社会の保健医療福祉に貢献できる看護実践者を育成する。

看護学部の教育目標

  • 周囲の人々とコミュニケーションを保ちながら社会人としての自覚をもって生活できる人間力を培う。
  • 看護する相手を全人的・共感的に理解する能力を培う。
  • 看護する相手とのパートナーシップを築き、ケア・スピリットに裏付けられた、看護を実践する能力を養う。
  • 科学的根拠に基づく看護学のコアとなる知識と技術を修得し、これを活かして、判断力をもって状況に即応した看護を実践する能力を養う。
  • 看護職ならびに多職種と連携・協働してチームとなって活動する能力を養う。
  • 地域社会のために、自らの専門性を活かして活動する心構えを培う。
  • 看護専門職者としての向上を常に心がけるとともに、豊かに成長し続ける素地を培う。

3つのポリシー

アドミッション・ポリシー

  • 看護に関心をもち、将来、看護師または保健師として地域社会に貢献したいという強い意欲をもつ人
  • 他者と協力して問題解決できる、協調性とコミュニケーション能力をもつ人
  • 人間の尊厳を理解し、世代を超えて人と関わることのできる人

カリキュラム・ポリシー

  • 基礎科目は総合人間科学として、人間力や看護する対象の全人的・共感的な理解、コミュニケーション能力に重点を置き、人間理解のために「思考の基礎と方法」「自己・他者の理解」「生活・社会の理解」を設置する。
  • 専門基礎科目は看護とその対象理解ベーシックとして、パートナーシップや科学的な根拠に重点を置き、健康(健康課題も含む)の理解のために、「自然・環境の理解」「健康の理解」「保健と環境」を設置する。
  • 専門科目は科学的根拠に基づく看護のコアとなる知識と技術、ケア・スピリットに重点を置き、看護の理解のために「基盤の理解」「実践の理解」を設置する。
  • 統合科目は看護の統合的理解として、多職種連携・協働や地域社会への貢献、看護専門職者としての成長に重点を置き、「在宅看護の理解」「地域・公衆衛生看護の理解」「看護総合の理解」を設置する。

ディプロマ・ポリシー

育てたい卒業生の資質/ディプロマ・ポリシー
  • 人間力
    周囲の人々とコミュニケーションを通して理解し合い、協働することができる。
  • ケア・スピリット
    ケアの相手の人生にとっての最善を目指して、自ら進んでケアに向かう姿勢を発揮できる。
  • 人間の実践的理解
    ケアの相手の意向・気持ち・状況を共感的に理解しようと努めることができる。
  • 専門的知識・技術とその臨床実践
    看護ケアに必要なコアとなる専門的知識・技術を備え、臨床の場での具体的な対応に活かすことができる。
  • 多職種連携・チームワーク
    チームメンバーや多職種のケア従事者たちと連携・協働することができる。
  • アドボカシー
    ケアの相手の側に立って、そのよい人生のために、支援し、必要に応じて代弁ができる。

MENU