このページの先頭へ

公開講座

本学では、市民の皆さま、看護職をはじめとして医療・福祉従事者の皆さまを対象として、研究・教育の成果を還元するさまざまな講座を開講しています。
時期が近づきましたら、本学ホームページやポスター・チラシにてお知らせいたします。

一般市民のための公開講座

  • 日時/2017年6月3日(土) 13:30〜15:30(受付 13:00〜)
  • 講師/岩手保健医療大学 学長 清水哲郎
  • 演題/《老活》のすすめ -最期まで自分らしく生きるために-
  • 場所/岩手保健医療大学 講義室
  • 定員/100名

 「《老活》って何?」「《終活》みたいなものじゃないかな」「そんなら、自分が死ぬときのことを考えるのかい。嫌だねえ!」
 いえいえ、老活は、いのちが終わることではなく、上手に老いて、今から終わりまで快適に、楽しく、自分らしく生きることを目指します。
 今から心積りをしておきましょう!

看護等医療従事者のための公開講座

  • 日時/2017年10月14日(土) 13:30〜15:30(受付 13:00〜)
  • 講師/学長 清水哲郎
  • 演題/本人・家族の意志決定支援とアドバンス・ケア・プランニング
  • 場所/岩手保健医療大学 講義室
  • 定員/150名(予約制)

 「どのような治療・ケアを受けるかは本人が決める」といっても、自分独りで決めるのはなかなか難しいです。「本人が決められない時には家族が決める」といっても、家族も困ってしまうでしょう。そこで、本人・家族が決められるように、医療・ケア従事者が支援するようになりました。将来のケアについて一緒に考えるプロセスが「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」です。ACPの考え方や今後の望ましいあり方をテーマとする講演と話し合いのひとときに、ぜひご参加ください。