このページの先頭へ

出前講義

 本学では、地域貢献に寄与することを目的として、教員がみなさまのところに伺う出前講義を実施いたします。看護に興味関心を持つ高校生には大学の模擬授業を体験し、岩手保健医療大学を知っていただく機会として、地域のみなさまには健康や看護についての学習の機会としてご活用いただければと考えております。小学校や中学校における健康に関する教育やキャリア教育の機会としてもご活用ください。
 また、保健医療福祉の現場に教員の研究成果等を還元していくことで、地域との連携を深めていきたいと考えております。

 出前講義のテーマ(一般向け中学・高校生向け医療従事者向け)を掲載しておりますが、内容やテーマについてはご希望に添えるようご相談に応じます(各教員の専門分野等については教員紹介ページをご参照ください)。

 詳細については出前講義実施要項をご確認下さい。

*大学行事や講師の日程等の都合上、ご希望に添えないこともございます。
*お申し込みは2ヵ月前までにお願いいたします。

出前講義実施要項
「出前講義」申込書

お申込み・お問い合わせ先

岩手保健医療大学総務課
TEL:019-606-7030
E-mail:soumu★iwate-uhms.ac.jp
(メールを送信される場合は★を@にしてください)

2019年度 出前講義のテーマ

一般向け

教員 分野 一般向け
清水 哲郎 一般教養
  • 死生学入門
  • 最期まで自分らしく生きるために
  • 賢い患者・家族になるために
  • 《老活》のすすめ
砂山 稔
  • 重玄派道教について
相澤 出
  • 住み慣れた地域でいつまでも -地域での看取りの現場から-
  • 住み慣れた場所で活き活きと -エイジング・イン・プレイスという考え方-
  • コミュニティの「これまで」と「これから」
大井 慈郎
  • なぜ地域参加が難しいのか
  • 社会調査入門
菊池 和子 基礎看護学
  • 健康の秘訣‐高血圧とのつきあい方
  • 家庭で療養なさる方への援助
  • ロゴセラピー入門
  • ケアから考える生と死
竹本 由香里
  • 災害に対する備え(自助・共助としての応急手当)
作間 弘美
  • お家でできる感染予防
  • お家で使える看護技術
成田 真理子
  • バイタルサイン(体温・脈拍・血圧・呼吸)って何?
土田 幸子 成人看護学
  • からだの不思議(体の変調のサインをしる手がかりについて)
  • 生活習慣と病気の関係
  • エコノミークラス症候群の発生と予防
石井 真紀子
  • がんと言われたら〜正しい情報を得て前向きに過ごせるように〜
齋藤 史枝
  • 人が倒れた!!〜近くのあなたができること〜:町の中で、ご近所で・・・
  • 災害時にまずなにをする?何が必要?〜災害にあった時に大事なこと〜
勝野 とわ子 老年看護学
  • 看護研究の考え方と実際
  • 認知症ケアの向上
  • 若年認知者および介護家族への支援 など
木内 千晶
  • 骨粗鬆症と骨折予防
  • 日常生活を支える基本動作と転倒予防
  • 高齢者によく見られる身体症状 熱中症
江守 陽子 母性看護学
  • 子育て中の女性の悩みにお答えします
  • 女性の健康(ウイメンズ・ヘルス)
大谷 良子
  • 女性のライフサイクルとヘルスケア
佐藤 恵
  • 初めて孫を迎える祖父母の準備教室
濱中 喜代 小児看護学
  • 小児の救急看護(事故予防・応急処置)
  • 乳幼児の世話の仕方
  • 子どもの症状と対応の仕方
遠藤 芳子
  • 子どもの症状への対応方法・受診の判断
  • 不登校児への対応方法
甲斐 恭子
  • 子どもの急病時の対応について
  • 子どもの救急受診などの電話相談や受診相談について
  • 予防接種や乳幼児健康診断のあれこれ
長南 幸恵 精神看護学
  • 自閉スペクトラム症の見え方、聞こえ方、感じ方
福島 道子 地域看護学
  • 高齢社会と地域包括ケア
青柳 美樹
  • ロコモティブシンドロームの予防 元気に高齢期を迎えるために生活習慣病予防
  • 外国の人との付き合い方
  • ストレスとの付き合い方
  • 子育てを楽しくするには
大越 扶貴 在宅看護学
  • 一人暮らし認知症高齢者の生活のしづらさの過程(民生委員の方々)

中学・高校生向け

教員 分野 中学・高校生向け
清水 哲郎 一般教養
  • 生と死を考える
  • 《人それぞれ》と《皆一緒》―倫理を考える―
  • 小論文―著者の立場から―
相澤 出
  • 現代社会における医療と福祉
  • 看護と社会科の接点とは?
大井 慈郎
  • なぜ地域参加が難しいのか
  • 社会調査入門
菊池 和子 基礎看護学
  • 看護学入門
  • 体を動かす看護技術
竹本 由香里
  • 看護の仕事とは
  • 看護師が行う生活援助
  • 災害に対する備え(自助・共助としての応急手当)
作間 弘美
  • 地元の看護(地元の進学・看護職の仕事)
  • 体験してみよう!看護大学で学ぶ基礎看護技術
成田 真理子
  • バイタルサイン(体温・脈拍・血圧・呼吸)って何?
  • 看護の魅力
土田 幸子 成人看護学
  • からだの不思議(体の変調のサインをしる手がかりについて)
  • 生活習慣と病気の関係
  • エコノミークラス症候群の発生と予防
石井 真紀子
  • 看護の魅力
齋藤 史枝
  • 人が倒れた!!〜近くのあなたができること〜:学校で倒れたら・・・
  • 災害時にまずなにをする?何が必要?〜災害にあった時に大事なこと〜
木内 千晶 老年看護学
  • 1次救命処置
江守 陽子 母性看護学
  • 女性の体の仕組みを知る
  • 助産師の仕事
大谷 良子
  • 女性のカラダのはなし
    (中高生に必要な性をめぐる知識とスキル)
    (生理のトラブルとセルフケア)
  • 赤ちゃんってすごい!
    (生命誕生について知っておきたいこと)
佐藤 恵
  • 性感染症と避妊方法
濱中 喜代 小児看護学
  • 乳幼児の世話
  • 小児の救急看護(事故予防・応急処置)
  • 看護学とは
  • 看護教育の現状と課題
遠藤 芳子
  • 子どもの症状への対応方法・受診の判断
  • 不登校児への対応
甲斐 恭子
  • 小児看護への道
  • 救急外来で働く看護師
長南 幸恵 精神看護学
  • こころの健康
福島 道子 地域看護学
  • 訪問看護を知ろう!
  • 保健師の仕事って何?
青柳 美樹
  • 油断大敵、今の生活習慣が君たちの未来をつくる
  • 海外旅行で大事なこと
  • 異文化の人たちと付き合うには
  • 自分の強み、見つけよう
大越 扶貴 在宅看護学
  • ヤングケアラーについて

医療従事者向け

教員 分野 医療従事者向け
清水 哲郎 一般教養
  • 臨床倫理
  • 本人・家族の意思決定支援
  • アドバンス・ケア・プランニング
  • エンドオブライフ・ケアの臨床倫理
  • 「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン(厚労省 2018改訂版)」について
相澤 出 ※研究業績に関することで、ご要望に即して話題提供させていただきます。
菊池 和子 基礎看護学
  • 看護実践と看護理論
  • エンドオブライフケア
  • 看護職のやりがい
  • スピリチュアルケア‐トラベルビーの看護論から
竹本 由香里
  • 看護理論を活用した看護過程
作間 弘美
  • 臨地実習
  • 新人看護研修(教育方法とプログラムの検討)
土田 幸子 成人看護学
  • 臨地実習指導の実際(成人看護学実習について)
石井 真紀子
  • 看護課程
  • 臨地実習指導
齋藤 史枝
  • エンゼルケア〜ご遺体の死後変化を見据えた死後の処置〜
  • 急変時対応:疾患や治療による急変までの徴候の違いと対応
  • 災害時初期対応〜施設や外来でのトリアージ〜
木内 千晶 老年看護学
  • 看護職のワーク・エンゲイジメント
江守 陽子 母性看護学
  • 看護学生の実習指導
  • 臨床で行う看護研究
大谷 良子
  • 不妊に悩むカップルへのケア
濱中 喜代 小児看護学
  • 臨床実習の在り方
  • 看護学教育の現状と課題
  • 小児看護をいきいき実践するために
  • 小児救急処置(BLS.AED)
  • 看護研究の進め方
  • 研究倫理
遠藤 芳子
  • 看護基礎教育のねらいと学習到達度
  • 小児看護師の役割
甲斐 恭子
  • 職場の看護を変える看護研究とは
  • 小児看護の現場と臨地実習
  • 看護師のキャリアアップ
岡田 実 精神看護学
  • 地域移行,行動制限の適正化,院内暴力への対処など,精神科臨床の抱える問題と課題の解決策について
  • 看護研究支援
  • 各種コンサルテーション
  • 中堅・熟練看護師の人材育成プログラム
  • 看護関連文献抄読会
長南 幸恵
  • 発達障害の特性とその対応
福島 道子 地域看護学
  • 看護研究をすすめるにあたって求められること
  • 質的研究の方法とポイント
  • 退院支援・調整の実践
  • 「家族」の現状と家族支援の方法
青柳 美樹
  • ヘルスデータと統計学的な分析手法
大越 扶貴 在宅看護学
  • 家庭内の高齢者虐待対応について(事例検討)
    (1)入門編(家族関係の見立て)
    (2)介入編
  • 一人暮らし認知症高齢者への支援
  • 見取り図から生活を視る

平成30年度出前講義の実績一覧

平成30年度出前講義の実績一覧はこちら

MENU