このページの先頭へ

在学生の声

1年次

兎澤 萌衣さん(2年)
秋田県立花輪高校出身

学びを支えてくれる
充実の環境が魅力

最新の設備が整っている環境が、本学を志望した理由の一つです。最新のシミュレーションモデルで、実際の看護現場を想定した授業は、実習前にしっかりとした知識が身につくと感じています。また、教科書はタブレットなので、わからないことを他の科目と関連づけて調べたり、看護技術を動画で学んだりできて理解が深まります。看護の基礎的な知識・技術を修得するのはもちろんのこと、対人コミュニケーションの授業やグループワークを通して、コミュニケーション力や協働する力も育んでいます。地道に学び、目指す看護師像をより明確に描けるようになりたいです。

2年次

本多 愛玲香さん(3年)
岩手県立水沢高校出身

岩手で看護師になる
目標に近づく実践

看護師として地元である岩手県に貢献したい、という思いで入学しました。小規模大学のため、先生方との距離が近く手厚い指導が受けられます。学習や将来のことで悩んでいても、アドバイザー制度により気軽に相談でき、適切なアドバイスをもらえる環境が整っているので、充実した学生生活を送っています。1年次の実習では多職種連携の大切さを実感しましたが、2年次では療養援助実習を通じてより実践的な看護技術を学ぶことができました。この2年間で看護の基礎力を身につけてきたと感じているので、さらに専門性を高め、地域に貢献できる看護師を目指し、努力を続けていきたいです。

3年次

木元 優香さん(4年)
秋田県立角館高校出身

相手の立場で考える
寄り添う看護を目指して

3年次は5領域の実習があるため、各領域の特徴や県内各地の看護現場を知ることができる1年です。実習に備え、かつ国家試験対策をするためにも、事前学習に力を入れるよう心がけています。また、精神看護学実習や在宅看護学の授業では、身体的側面だけでなく精神的側面から看護を考えたり、病院と在宅看護の違いを知ることができたりと、看護の視点が広がっていきとても学びがいがあります。3年次後期は就職活動が本格化する時期でもあるので、先生方から個別で小論文や試験対策の指導が受けられるのは心強いです。専門職としての力を身につけ、自ら進んでケアに向かう姿勢「ケア・スピリット」を体現する看護職を目指します。

4年次

両川 茉佑さん(4年)
岩手県立盛岡第四高校出身

地域に貢献できる
医療人になるために

駅から近くて通いやすく、新しい大学で校風を作り上げていけるのでは、という気持ちで入学しました。最新の設備やタブレットの活用、1年次からの実習など、本学でなければ経験できなかったことはたくさんあります。グループワークのある講義が多く、積極的に発言をすることへの苦手意識を払拭できました。共同作業を通じて自分の役割を果たすこと、一人でできることの限界を知り周囲に頼ることの大切さを学びました。臨床の実習で得るものも多いです。たとえば産後のお母さんと赤ちゃんが対象の母性看護学実習では、看護は病気の人にだけ行うものではなく、健康な生活を実現する後押しでもあると感じました。相手の気持ちに寄り添い、最善を尽くす看護職者になろうと思います。

MENU