このページの先頭へ
在宅看護学・助教 

太田 ゆきの(おおた ゆきの)

主な担当科目

早期体験実習、生活援助実習、療養援助実習Ⅰ、療養援助実習Ⅱ、在宅看護援助論、在宅看護技術論、在宅看護学実習、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 看護職は地域社会や生活にとても密着した仕事です。患者さんや療養者さんの想いに寄り添うことのできる看護を学び、少しずつ身に付けていってほしいと思います。
 病院や施設、在宅など様々な場における看護の楽しさややりがいを、一緒に見つけていきましょう。

連絡先E-mail

 yoota★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 弘前大学大学院保健学研究科保健学専攻博士前期課程 修了
学位 修士(看護学)
主な研究業績
(最近5年間)
【論文】
  • 帯状疱疹後神経痛の緩和を目指した患者教育の有効性の検討,太田ゆきの,大津美香,工藤隆,沓澤尚子,保健科学研究,11.2,11-20,2021
【学会発表】
  • RASS+2以上の不穏患者における離床訓練の有用性と安全性,太田ゆきの,山形友理,駒井裕紀子,桂畑隆,赤牛留美子,日本集中治療医学会第2回東北支部学術集会シンポジウム「多職種連携とリスクマネジメント」,2018
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 在宅療養の実際
【中学・高校生向け】
  • 病院や在宅での看護師の仕事について

教員紹介TOPに戻る