このページの先頭へ
老年看護学領域・教授 

吹田 夕起子(すいた ゆきこ)

主な担当科目

基礎ゼミナール、老年看護技術論、療養援助実習Ⅱ、老年看護学実習、総合実習、卒業研究ゼミナール

学生へのメッセージ

 人生100年時代と言われる昨今、時代の変化に応じて求められる看護も変化してきています。将来の自分の姿を描き、大学で何を学び、何を身に付けたいのか目標を明確にして、学修に励んでいきましょう。看護の対象に関心を持ち、個別性を踏まえた看護を実践できるよう皆さんをサポートしていきます。

連絡先E-mail

 suita★iwate-uhms.ac.jp
   (メールを送信される場合は★を@にしてください)

最終学歴 北海道医療大学大学院看護福祉学研究科看護学専攻(老人看護学)
学位 修士(看護学)
主な研究業績
(最近5年間)
【著書】
  • 認知症の人びとの看護,第3版,中島紀惠子監修,医歯薬出版,2017.(共著)
【論文】
  • 老年看護学実習の学びにポスターツアー(ジグソー法)を用いた教育実践の評価,高田由美、佐藤美恵子、吹田夕起子、疋田由香、林孝平,日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要,(25),13-20,2021.
  • 訪問看護に影響を与える診療所の感染対策の実態と課題,福井幸子、吹田夕起子、細川満子、矢野久子、前田ひとみ,日本環境感染学会誌,33(2),37-46,2018.
  • 訪問看護で注射器等を安全に廃棄できる携帯用医療廃棄容器の開発-訪問看護師による開発容器と既製容器の評価を通して-,福井幸子、吹田夕起子、細川満子、矢野久子、前田ひとみ、増田満啓,青森県立保健大学雑誌,18,1-8,2018.
  • 地域包括ケアを担う医療従事者を対象とした感染症対策研修会の有効性と課題,吹田夕起子、福井幸子、矢野久子、前田ひとみ、細川満子,日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要,(21),39-45,2017.
  • 看護学生のおむつ排泄体験による意識の変化とおむつ排泄イメージの変化,木村ゆかり、吹田夕起子、長内志津子、福岡裕美子,青森県立保健大学雑誌,17,29-36,2017.
  • 統合実習研修会「教員と指導者の連携強化をめざして-実習指導者の実態と課題から-」の報告,志賀くに子、大髙恵美、新田純子、吹田夕起子、酒井志保、佐藤美佳、宮堀真澄、安藤広子,日本赤十字秋田看護大学・日本赤十字秋田短期大学紀要,(21),31-37,2017.
【学会発表】
  • 認知症者の摂食困難に対する施設職員の認識と多職種連携を促進させる要因,高田由美、吹田夕起子、柳修平,日本老年看護学会第26回学術集会(Web開催),2021.
  • 老年看護学実習の学びにポスターツアーを用いた教育実践の評価,佐藤美恵子、高田由美、吹田夕起子、疋田由香,第21回日本赤十字看護学会学術集会(Web開催),2020.
  • 基礎教育の現状から考える認知症者の食支援における多職種連携の教育的課題,高田由美、吹田夕起子、柳 修平,第39回日本看護科学学会学術集会,2019.
  • 看護・介護職員が行う要介護者の日常生活の変調を反映した食事ケアと栄養状態への影響,高田由美、吹田夕起子,日本老年看護学会第24回学術集会,2019.
主な所属学会 日本看護科学学会、日本看護研究学会、日本老年看護学会、日本老年社会科学会、日本認知症ケア学会、日本家族看護学会、日本環境感染学会
出前講義テーマ 【一般向け】
  • 認知症の理解-認知症の人を地域で支えよう
  • 老いるということは
【中学・高校生向け】
  • 高齢者の特徴と看護
  • 認知症の人の理解
  • 看護師の仕事とは
【医療従事者向け】
  • 認知症の人と家族への支援
  • 臨地実習指導(老年看護学)

教員紹介TOPに戻る