このページの先頭へ

学長・学部長挨拶

岩手保健医療大学 学長
清水 哲郎

ケア・スピリットと
知識・技術を修得する

 看護師・保健師には、健康面で助けが必要な人に対して、看護を実践できる力が必要です。その力は、相手に対して進んでケアしようとする姿勢と、どのような助けが必要かを把握し、必要に応える知識・技術から成り立っています。学部4年間の教育課程を通してこうした姿勢と知識・技術を学修します。看護学部では、ただ知識を覚え、技術を練習するのではなく、姿勢と知識・技術について「どうしてそうなのか?」の理解を伴う修得が求められます。自立した看護師・保健師を目指すからです、看護系大学に入ったら、自動的に看護師・保健師の国家試験に受かるようになれるわけではありません。自ら進んで学び、探求することで、一歩一歩看護職に近づいていくのです。加えて、サークル活動、ボランティア、友人どうしのコミュニケーション等々、関係する人々と交流し、大学生活を楽しみながら、社会人への道を進みます。




岩手保健医療大学 看護学部長
濱中 喜代

自律して看護実践できる
看護師を目指しましょう

 本学は2017年4月に岩手の地に新設された看護学部単科大学で、本年完成年度を迎えます。看護師は全員、保健師は40名限度で国家試験受験資格を得ることができます。教員は教授10名、准教授3名、講師6名、助教7名、助手11名となります。大学での経験が豊富な看護学の専門性が高い教授陣が揃っています。教育で大切にしていることは、ケア・スピリット〔自ら進んでケアに向かう姿勢〕です。
 さらに看護学の専門的な知識・技術を裏付けとして、自律して看護実践につなげられるよう教育課程全般で教授しています。また学生時代に自己学習能力を培い、生涯にわたって自己研鑚できる力を身につけていただきます。大学で看護学を学び、看護師としての基礎と自信を身につけ、自らの力を地域で発揮させたいと考えている皆さん、一緒に歴史を作っていきましょう。入学を心からお待ちしています。

MENU