このページの先頭へ

カリキュラム・シラバス

 2022年度より、新カリキュラムによる教育を開始します。
本学は建学の精神として「人々の生活と健康を高め 地域社会に貢献する ケア・スピリットを備えた保健医療人」を掲げ、このような人材育成を実現するためにこれまでの教育課程を展開してきました。この度、指定規則改正の主旨を踏まえ、学生の看護実践力をさらに高めるため、教育内容の充実を図るため、新カリキュラムへの改正を行いました。
 豊かな人間性とケア・スピリット、および科学的知識・技術を備えた看護専門職を育成するために、『基礎科目』『専門基礎科目』『専門科目』の 3つに大別し教育課程を展開いたします。

科目名をクリックするとシラバスが閲覧できます。

2年次

  前期 後期
基礎科目
思考の基礎と方法 ○英語Ⅱ(応用)
健康とスポーツ(通年)
自己・他者の理解   ○人間の生と死
比較文化論
生活・社会の理解 ○家族とジェンダー ○人間と文化
○みちのくの文化
専門基礎科目
健康の理解 ○疾病治療論Ⅱ(外科学)
○疾病治療論Ⅲ(母性)
○疾病治療論Ⅳ(小児)
○臨床栄養学
○臨床薬理学
保健と環境の理解   ○ヘルスプロモーション論
チームケア論
○公衆衛生学
専門科目
基盤の理解 ○療養援助技術論
○看護過程論
療養援助実習
○ケア・スピリット論Ⅱ(看護倫理のあり方)
○家族看護論
実践の理解 ○成人看護援助論
○慢性期看護論
○老年看護援助論
○母性看護援助論
○小児看護援助論
○精神看護援助論
○地域・在宅看護学概論
○急性期看護論
○老年看護技術論
○母性看護技術論
○小児看護技術論
○精神看護技術論

は選択科目。は実習科目。
は保健師課程必修科目。

3年次

  前期 後期
基礎科目
思考の基礎と方法   ○調査と統計
専門基礎科目
保健と環境の理解 ボランティア論
○疫学・保健統計Ⅰ(基礎的知識)
○保健医療福祉行政論Ⅰ(基礎的知識)
 
専門科目
実践の理解 ○保健医療福祉連携論
地域・在宅看護学実習Ⅰ
○地域・在宅看護援助論
成人看護学実習
老年看護学実習
母性看護学実習
小児看護学実習
精神看護学実習
公衆衛生看護の理解 公衆衛生看護学概論
公衆衛生看護活動論Ⅰ(ライフサイクル別)
公衆衛生看護活動論Ⅱ(問題・課題別)
公衆衛生看護方法論
公衆衛生看護管理論
疫学・保健統計Ⅱ(分析・評価)
看護の統合の理解 がん看護論 ○エンドオブライフケア論
看護教育論
○看護研究方法論

は選択科目。は実習科目。
は保健師課程必修科目。

4年次

  前期 後期
基礎科目
思考の基礎と方法   医療英語
専門科目
実践の理解 ○地域・在宅看護技術論
地域・在宅看護学実習Ⅱ
 
公衆衛生看護の理解 保健医療福祉行政論Ⅱ(実践・演習)  
公衆衛生看護学実習
看護の統合の理解 ○災害看護論
感染看護論
○看護管理論
認知症ケア論
実践看護論
国際看護論
○ケア・スピリット論Ⅲ(臨床倫理のあり方)
総合実習
卒業研究ゼミナールⅡ(研究実施)
○実践看護学特論
○卒業研究ゼミナールⅠ(研究計画)

は選択科目。は実習科目。
は保健師課程必修科目。